2009/09/12

仙台

昨日大阪から仙台に帰って、いっぱい寝て、今日はまったりです。
大阪は暑かったわけですが、あぁもう仙台は秋ですね。



仙台はいい味出してる喫茶店は少ないですが、北山にあるこの喫茶店はいい味出してます。



古いお店で、喫茶店であり洋食屋さん。お店の名前は忘れました。
とにかく壁には僕より歳をとったものから最近のものまで、マンガで埋め尽くされてます。
髭がいい感じでやさしそうなマスターがいます。



アイスコーヒー。
あれ?ストローになにか…



はい。ご飯粒です。
僕はアイスコーヒーのみの注文なのでご飯粒がつくはずはないのですが;

ほら。いい味出してるでしょ?

話しは変わって、大阪でお世話になっていた梅香堂オーナーのブログでは、若い作り手の「動機の不在」感について書かれています。それは僕も、自分のことながら考えてきたことです。美術を学んできて、美術でなければ表現できないものがあるということを知りました。狭く言えば絵でなければできない、彫刻でなければできない、というもの。でも、そもそも何を表現するのか。ここは仮にも、「平和な」国日本です。強い政治的な圧力もなければ戦争も差別もない(ということになっている)。人生の基盤となるはずの宗教や哲学すらない。僕に限って言えばハングリー精神だってないし夢だって特にない。
大学の先生が作品に対して良く言う「そのカタチおもしろいねぇ」の『おもしろい』よりマンガ読んでた方が、ネズミーランド行った方が遥かにおもしろい。それが当たり前で、普通です。ネズミーランドより美術の『おもしろい』がおもしろいと思う人は変な人です。
このネズミーランドの方がおもしろい、みたいなもののもうちょっと奥のところを美術で批判する人もいますが、僕自信はこれを前提として、この当たり前のことを織り込み済みのものとして、何をしようかと考えます。そして、考え中です。チーン。

2 件のコメント:

  1. 喫茶店のバイトをしていて、ちょっとしたことでも
    文句をいうお客さんがいます。
    ストローにご飯粒がついてたってなったら大騒ぎですよ。
    そんなことでもいい味をだしているって
    おっしゃている加藤さんにキュン死です。

    返信削除
  2. ももちゃん
    ストローにご飯がついてるくらいで怒っちゃダメですよねぇ
    でもご飯にストローがついてたら、さすがの僕も戸惑います。
    キュン死って良いねー

    返信削除