2009/12/03

「梅香散歩」レポート

大阪梅香堂より写真が届きました。
今年9月1日から10日まで大阪此花区にある梅香堂にてドローイングの滞在制作をしていました。3冊300円の落書き帳に描いては壁にセロテープでベタベタ貼っていって10日間。(遊んでた日も含む…)
その落書き達を梅香堂オーナーがステキにプロデュースしてくれました。

どなたが書いてくれたのかわかりませんが、看板も良い感じですねぇ。



この前を毎日通り過ぎる小学生達は「なんだなんだ!?」って、度胸試し半分にのぞいてみるのではないでしょうか。
絵に合わせてカーテンまで付けてくれて…



2Fはこうなりました。





とても良い感じです。さすが、プロのアレンジです。
写真を撮ってくれた小林数馬さん、ありがとうございました。
会場風景がきれいに編集されたものが梅香堂webにあがっています。ぜひこっちも見て下さい。

脱美術観やオルタナティブという言葉が出てきてから何年たつのでしょう。
それを体現させてくれる場はまだまだ少ないように感じます。
大阪という街はいろんなものがあります。東北の田舎仙台で育った僕にとっては良い意味で、ザ・メチャクチャです。ユニークな芸術家が大阪に多いようにオルタナティブが育つことのできる街だと思います。国立国際のようなしっかりとした美術館もある。
それに比べて仙台は…。サブカルチャーさえ生きずらいこの街は、ビルがあろうと100万人住んでようとイナカです。
まぁ地元で活動してるわけじゃないので良いですが、面白くないですねぇ。

と言った僕も人のこと言えた義理じゃなく「書を捨てよ町へ出よう」の前に何の書も読んでない僕は、時間がある今のうちに本を読もう。

0 件のコメント:

コメントを投稿