2011/04/19

3.11-4.19

地震がありました。大きな地震です。みんな知ってると思いますが。たくさんの人が亡くなり、たくさんの人が被害に合いました。
一か月と少し経ちましたが、テレビや新聞ではまだまだそのニュースでいっぱいです。仙台では被害の大きい沿岸部以外はライフラインが復旧し、お店もだいぶ開くようになってきました。余震に怯えつつも、震災前の生活を取り戻しつつあるように見えます。
しかしながら、僕はまだ以前の生活には戻れそうにありません。地面が揺れてる最中、これまでの暮らしが崩れた感覚がありました。街も壊れましたが、ある部分の意識も壊れたように思います。
善いも悪いも、思うことはたくさんあります。でも今、発言することはとても怖いです。表現することが怖いです。一か月と少し経ってやっと、何も言えないということだけここで言います。これが精一杯です。街は直ってきても、壊れたある部分の意識はなかなか治りそうもありません。
家はかなり痛みましたがおそらくまだ住めるでしょう。楽しいことがあれば笑えるでしょう。だから心配無用です。ただ表現ができないだけ。何が起こったのか僕がもうすこしわかるまで、何も言いたくないだけです。では今しばらく、ごきげんよう。

2 件のコメント:

  1. 無理するな。とにかく体に気をつけて・・・。

    返信削除
  2. ありがとう先生。無理しません。頑張りません。こんな感じでいきます。

    返信削除